プロフィール


 

 1972 年1月堺市生まれ。小学校1年の時に両親の離婚を経験。母方の両親に弟と引き取られる。小学校4年生で母親が交通事故死(ひき逃け事故)。小学校卒業と同時に児童養護施設入所(四恩学園)。対人関係では苦労し、忍耐力は生活の中で培った。1990 年大阪市立扇町商業高校卒業。

 

2012 年、さまざまな苦労の経験を生かし、リスクマネジメントの分野でのプロの損害保険代理店を開業、現在7 年目。事業承継士の資格取得。後継者問題に悩む中小企業の事業承継、事業支援を手がける。さらに、無住職のお寺を社会貢献事業家に開放できるよう僧侶の資格も取得し、子供たちのために貢献できるお寺のプロジェクトの構想を練っている。

 

 




事業承継士として企業を応援

「継ぎ手が見つからないばっかりに、会社を続けられない」と困っている企業のために、事業承継士として数多くの企業を応援してきました。平野区の企業への全身全霊でお役に立ちます。



僧侶として子どもたちを応援

児童養護施設で育った経験から、いつか、子どもたちの笑顔のための施設を作りたい。そんな夢の一歩を叶えるために僧侶としても活動しています。「お寺」は地域の宝物。平野区に数多くある神社仏閣を、みんなの居場所や学びの場として活かしたい。



心優しき父親として生きる

さまざまな経験を経て、今では愛する妻と2人の子どもに恵まれました。父として、子どもたちには大きな愛情を贈りたい。自分が学んできた知識を伝えたい。そして、できることならば、すべての子どもたちを平野のみなさんの愛情で支えていきたい。 




みなみ延雄の応援団

大阪市会議員 / 社会福祉士・ケアマネジャー

武 直樹さん

一緒に仕事がしたいです!
市民のみなさんが参加し、大阪のまちのことを考えていける場づくりを毎月、彼と開いてきました。いつも皆さんに寄り添い、小さな声に耳を傾け、具体的な提案や活動につなげていく南さん。こんな人財と一緒に仕事がしたいです!

 

子どもの居場所 主宰

田渕 彩さん


寄り添いながら一緒に考える!

どんな政党、職業、性別、宗教、文化、年齢によらず、多様な人の想いや痛みの共通項を見つけられる人。ほんまは政治家にならんといて欲しいとも思うけど。政治を諦めかけている人にこそ、南さんと話してみて欲しい。

司法書士・行政書士 / 伊達合同事務所 代表

伊達 文彦さん

市民の声が届く市政の実現を!

市民の声はないのではなく、届いていない声なのです。その届かない声を大切にし、届く声にしなければならい。それができるのは、人のそばに寄り添い、公平な人でなければなりません。これを託せる人が南さんです。大阪市政にそんな風を届けてもらえると私は確信しています。

運動指導者
楮原 一美さん

全力で取り組む彼だから信頼!
育って来た環境や経験がある南さんだからこそ、一人一人に寄り添って話が出来る。そして市民の声を聴いてどんな事にも全力で取り組んで貰える。そんな南さんが大阪市政に新しい風を入れてくれると信じています。